愛の手紙〜”ゲイルズバーグの春を愛す”より〜

今日は、ファンタジー界の巨匠!
ジャック・フィニイの短編集”ゲイルズバーグの春を愛す”より「愛の手紙です。
とてもロマンチックな物語なんですよ。

過去と未来、時を越え愛し合う二人、、、。
今や定番のラブストーリーですが、そんな時空愛の元祖とも呼べるこの作品。

ご存知、岩井俊二監督の名作「Love Letter」や、後にキアヌ・リーヴス&サンドラ・ブロック主演でハリウッドもでリメイクされた韓国映画「イルマーレ」などなど、、、後世に多大な影響を与えたそうですよ。

作品紹介

【作品名】
愛の手紙
「ゲイルズバーグの春を愛す 」(1960年)
<原題:I Love Galesburg in the Spring-Time>より抜粋

【作者名】
ジャック・フィニイ(1911-1995)

【あらすじ】
古道具屋で偶然購入した古い机。
その抽斗(ひきだし)の奥深くに消印のない手紙を発見した青年。
それはなんと遠い昔、ヴィクトリア朝期に生きる乙女からのラブレターだった・・・。

おすすめポイント

②ロマンチックな品々
ヴィクトリア時代の古い机やパフスリーブのドレスにパラソル、カメオのブローチなどなど、、、。

乙女心を刺激する描写の数々にうっとりです。

まとめ

読み終わった後もしばらく余韻が残る、とても素敵な作品なんです。
ジーンと切ないけれども、何か暖かいものが込み上げてくる・・・そんな物語。

何度も読み返している夢子お気に入りの一冊です♪

こちらの本は短編集で、今回はその中から特に大好きな「愛の手紙」のみ抜粋しましたが、
どの作品も読みごたえ十分&どれもちょっと不思議な物語。

ファンタジーやSFモノが好きな方におススメです。

タイトルとURLをコピーしました